ずぼらなママの整理整頓ブログ

面倒くさいが口癖のずぼら主婦です。ごちゃごちゃしている汚部屋と頭の中を「整える」ことから始めました。

長女の誕生日でした

こんにちは、なみれママです(╹◡╹)




29日は、長女なるの15歳の誕生日でした。




思い出せば15年前の昨日、私は初めての出産を経験して「ママ」になりました。なんだかもう遠い昔のことのようです。




初めてのお産ということは、初めての陣痛との戦いがあるわけで、よく鼻からスイカを出すような痛みとか例えられてますが、




私の場合は、普通に股からスイカを出すような痛みでした。(例えがストレートすぎだろ)



もうとにかく骨盤がメリメリと裂けそうな感じで、

「痛い!痛い!なんか出そう!もう出そう!」




とパニクる私に、助産師さん達はやさしく

「まだよー、まだ赤ちゃんは出てこないから力抜いてねー、そうそう上手上手♪」




子供にさとすように言ってくれてました。




そして、何故だかこの姿を旦那に見られたくなくて、ギリギリまで呼ばなかったら、旦那が病院に着くまでに分娩室に入ってしまったので立会いできませんでした。




まあ、立会ったところで青白い顔で突っ立ってるだけだろうから、それで良かったけどね。




後、お産が始まってもなかなかドクターが来なくて不安なままいきんでいたら




途中からしなーっと登場したと思ったら、いきなり私のお腹をギューギュー上から押してきて



(えぇーっ!そんな乱暴な感じなの?お産て)




てビックリしているうちにスルンッと生まれて2度目のビックリ。




そんな、ところてん方式で生まれたなるちゃんも今年で15歳。




今ではすっかり2人の子持ち、

、あ、間違えた2人のお姉ちゃんとして教育係してくれています。




下のレン君なんかは、もうすっかりお姉ちゃん子になってしまい、毎朝登校時に泣きながら見送り、夕方学校から帰ってくると金魚の糞のごとくつきまとう始末。(母の存在感ゼーロー)




それでも嫌な顔せず、弟を膝の上に乗せながら夕ご飯を食べてたまに食べさせてくれてます。感謝ですね。






ケーキいらないという事だったので、食後のデザートは子供たち自身で手作りパフェを。

上の写真は長女の作。




こちらは次女作。写真撮影も彼女。何故だか床の上で撮影。




プレゼントは夫から洋服、私からマカロン15個(本人の希望)でした。